読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pyconjp2012 行ってきたよ各セッション感想 #pyconjp

Python Django

感想をメモする

おつかれさまでした

たぶんいまごろ運営スタッフは打ち上げでしょう。正式にはまだ3日目のSprintもあるけど、自分は参加しないしこういうでかいイベント(YAPCやHTML5ConfやRubyKaigiやPHPカンファレンス)は行ったことがないので新鮮だった。スピーカーや運営スタッフにも知り合いがけっこういたので半年くらい前からずっといろいろMTGしてたりしてたいへんそうだった。自分はたぶん発表者やLTはちょっとやってみたいけど運営は面倒だからいいやって感じかな。ほんとおつかれさまです。
Perty はひたすら社内の人やTwitter経由で知っていると話してたけど、半分以上は女の子を口説いていた。ごはんもビールもおいしかったです。DJもよかった。
以下見てきたセッションの感想を書いていこうと思う。基本的な方針としては仕事でPython/Djangoつかってるのが大きいしそこらへんを知りたかったので「英語トラックは避ける」「初心者中級者ハンズオンはさすがに見た感じまあ大丈夫かな」「Djangoまわりを聞きたい」「他のフレームワークの設計思想も知りたい」という感じでチョイスした。geventやunittestやSQLAlchemyの話も聞きたかったしSphinxはマジ最高のドキュメンテーションツールなので行きたかったが、そちらを優先した。

資料

公式な資料は connpass 上にあとでのっけられるかもしれない。というかそのためのサービスなんだし、残っていて欲しい(編集時時点ではまだ登録されてない) PyCon JP 2012 - connpass
有志のまとめがいまのところあるのでとても参考になる。
kashew_nuts-tech: PyConJP2012 スライド・資料まとめ

タイムテーブル

プログラム - PyCon JP 2012
まあ見ればわかるんだけど 日本語1、日本語2、英語、ハンズオン、Django/Pyraimid、Google App EngineSphinx、NVDAという構成

基調講演 Armin Ronacher(Flask、Jinja2など)

英語でよくわかんなかった。単語は聞き取れてもなにをいっているのかよくわかんなかった。 #pyconjp でやっと中身をしれたくらいだった。同時通訳をしていたようだけどスピーカーの調整のせいか自分の席(中央最後尾あたり)だとあんまりよく聞き取れなかった。
普段 StackOverFlow や man や help 文章だと単語とコードひろってどうにか読めるけど、口語ってかなり厳しかった。しかし英語トラック自体はわりと好評らしかった。外国人も400人中20人くらいはいた気がするし。

使えるDjango

使えるDjango1.4
1.0から1.4ではどう変わったかという話。なんだけど、時間の都合で project template の紹介で終わった。どうもそれが一番話したかったことらしい。「{% elif %}だけじゃないんだよ!」とはこのことで。 project template とは django-admin.py startproject で --template=... と引数を取ることでスキャッフォールドを作ってくれる感じ。簡単に言えば templates, static/js, static/image, static/css, scripts, apps などのディレクトリを切って __init__.py をおいてパスを通してあげるようなものを作ってくれる。ただしその project tempate 自体は継承やMixiinはまだできないらしい。
本当は Class Based View の話を聞きたかったが、まあそれは今度って感じらしい。

What Makes Pyramid Unique!

Webアプリケーションフレームワークである Pyramid の紹介。Zope のころって知らないんだけど、Zope/Plone とかのあたりの流れを通ってきてできたフレームワークらしい。
なんかこうめっちゃくちゃ機能が多くてフックできて拡張できてすごいなんでもできるかわりに「押し付けないフレームワーク」ということでORMやテンプレートエンジンなやフォームライブラリなどをそれこそ自由に選択してカスタマイズして使う。印象としては Flask は学習の入門としては最適だけど、業務でDjango以外をつかうなら Pyramid のほうがいい気がする。どうせ込み入った話になると英語文献しかないのは変わらないんだし。

Beginning Python

初学者としてどうやって学んできたかという話。いきなりエキスパートPythonプログラミング読んだり、公式チュートリアルをKindleの英語で読んだりしたけどダメで(とはいっても最初の環境構築はやはり役にったらしい)、公式チュートリアルを紙に印刷してがんばったりしたらしい。いやーなんか自分もPythonはまだ1.5年しかやってないけど学び方は人それぞれ違うんだなぁ。自分はいきなりDjangoの課題が出たから無理やりコピペしたりしてどうにかこうにか覚えたものだ。そりゃ代入とか簡単なのはわかるけど、文字列フォーマットや標準モジュールの os, sys, re, pdb あたりとかの使い方も知らなかったしなぁ。唯一の救いは自分は職場がMacで、すぐにMacBookAirを購入できたことで、インストールでハマるとかなかったし、Vimは少しはつかってたからそれはよかったね。でもシステムグローバルに easy_install や pip して環境汚したりしたなぁ。virtualenvもしらなかったころ。

Python入門者のコードをリファクタリングしてみた

上記に続いて Java でかかれた ISBN のチェックディジット計算課題みたいなものをいかにして Pythonic にしていくかという話。
Refactoring A Python Beginner’s Code
基本DEMOをみていく形になっているから資料だけみても雰囲気はわかりづらいと思う。リファクタリングだからまずはテストコードを書いて、それからいかにPythonicにするか diff をみていきながら説明していた。例えば enumerate をつかうとか、無駄な変数を減らすとか、print でエラーメッセージ出すより最終的には raise するとか、そういう。今の自分にとってはそこまで難しい話ではなかったけど、個人的には最初にテストをかくときにそのprint文と sys.exit() を潰す mock をどう潰してたのかがちょっと気になった。

Pyramidセキュリティ

Pyramid Security
Pyramid はともかくセキュリティの話を聞きたかったからいってみたけど、正直難しすぎてわからなかった。並行トラックの unittest のほうをうければよかった。とはいっても後からその unittest のトラックが Youtube にあがってたのでみたけどさすがに簡単過ぎる話ではあったような気がして、それはそれでうーんって感じだけど……。

Django-Celeryで非同期処理

Django-Celeryで非同期処理 — Django-Celeryで非同期処理 1 documentation
業務で非同期処理で celery まわりを(自分はまだやってないけど)そこら辺弱いので聞きに行った。有意義だった。しかし話が長すぎて10分くらいオーバーして55分くらいしても全体の 2/3 くらいの解説にとどまったけど、この資料はスライドと同時に下に説明があるというすごいいいドキュメントになっているから、なにか今度Celeryに関わることになったらたぶん見ると思う。ほんとこのドキュメントは良くて、スライドとしてアジェンダを提示しながら下にコードがシンタックスハイライトもあって載っていていい。ウワサによるとこれも Sphinx でできているらしい。すごいね。

ライトニングトーク

いわゆるLT。8人くらいが5分で強制終了するスピーチ。LTは役に立つ立たないってよりは宣伝とかネタに走っていくのがいい感じだね。ドラもよかった。

Django Lessons Learned @ BeProud

Djangoを0.96時代から使っててどうだったかって話ですごく期待していた、なんだけど、正直なんかあんまり手応えがなかった……。話もあんまり覚えてないですすいません……。

オープンスペース - PyCon JP 2012

Django質疑応答に行った。目新しいことはあんまりなかったけど、なんかよかった。すいません内容忘れました。ちなみに時間がかぶってなければエキPy読書会Pycon出張所に行ってみたかった。

基調講演 小飼 弾 / Dan Kogai

なんか正直 Python を dis ってるような印象を受けた。いや、 dis というか、Python としての流儀(それこそ import this; Zen of Python) のことわかった上で炎上芸しているのかなぁと。PerlでEncodeを担当したからか、なんかUnicode文字列の扱いについてつっこんでたけど(len(unicode_string)するとサロゲートペアによっては値が増えてしまう問題)、それも Python 2.x か Python 3.x か分けて言って欲しかったし、なんかなぁって感じだった。そのときの様子は PyConJP 2012 2日目 基調講演 #PyConJP - Togetter にまとめられているけど、このまとめだと公式RTがカットされているのでかなりひかえめなテキストになってるけど、@xxxxさんの突っ込みは適切でRTされまくってた。全体的にまどマギネタを絡めて面白くしようとしているのは心意気として嬉しかったけど中身についてはなんかイマイチで終わったあとはモヒカンのマサカリが飛び交ってたらしい。まあ、炎上芸か。
ただこの講演で多言語との違いでいろいろ考えさせられることがあったので 小飼弾氏の基調講演を聞いて各言語の join と正規表現の実装についてなんかまあ考えた話 #pyconjp - atas にちょっとまとめてみた。

Python3でここまでできるWebプログラミング

正直このあたりの話は社内とか他の勉強会とかでもだいたい聞いてた内容ではあった。今現時点で(来週くらいに 3.3finalが出る) Python 3でやろうとしたらどうのこうの。「結局はDjango待ちですね」ってあたりがまあ結論ではあった。実際Djangoも six ってライブラリで(2to3みたいな)実験的に開発版があるし、これから 1.5 か 1.6 あたりで Python 3対応する方向性のようだ。スピーチはけっこう30分程度で終わって質疑応答が長かったけど、それがわりと参考になった。ってわりには内容けっこう忘れてるけど 3.3 で入る予定だった標準ライブラリ packaging はいまどうなってるのか尋ねたところ、setuptools や distribute でやっていることといろいろかみあってないらしく、標準化にもうちょっとかかるらしい。でもたぶん 3.x 系列で標準ライブラリにいれるんじゃないかなぁ、みたいな。3.3 で venv という virtualenv 相当のものを標準ライブラリとして組み込んでいるので、現在 easy_install/pip でやってることが置き換わればいいなぁ。

自社開発していなかった会社が python を選んだ理由

Perl使いだけどPythonに移行してみた話。Rubyもさわったりいろいろためしたけど、結局は「自分が面白そうだと思えたから」「スポンサー枠とったりして初期から目立てる」「さいあく失敗してもいいからチャレンジしよう」というようなお話。あと「結局外部(顧客やエンドユーザーなど)からしてみれば動けばなんでもいいのであるけど、ではなぜPythonなのか、それはエンジニアとして大切なことだ」という話。内容は忘れつつあるけど、もうちょっと PerlRubyPythonの言語としての比較があったらいいなぁと感じた。

Pythonコミュニティが私に与えてくれたもの

Pythonコミュニティが私に与えてくれたもの
ただのJava+HTML/CSS/JSの会社通いエンジニアでしかなかった人が blockdiag を知って感動してコンタクト、PyCon2011に参加、そしていろいろ勉強会に関わったり勉強会を主催しているうちに学んだ話。Python歴1年でブログシステムをつくったらしいからどんな実装にしたとか質問してみたけど実はアジャイルサムライ読書会主催で開発プロセスを改善するほうに興味がいってるからあんまりPython自体はそこまで書いていないらしい。しかしとても「小心者」「引っ込み思案」「人見知り」であったのに勉強会を通じて「エンジニアコミュニティはたのしい!」というところに至ったのはなかなかうれしい話だった。
ちなみに自分はむしろ勉強会からこの世界にはいった。シューカツがクソすぎるけどそれに適合できない自分もクソでいろいろあって、尊敬しているOpera UserJSコミュニティな人々をフォローしたりブログ読んだりしているうちに開発して助言もらっていろいろあって転職(バイト)して今に至る。

Webフレームワークパネル - PyCon JP 2012

Django, Flask, Pyramid, Google App Engine とあるなかで「自己紹介/ここがいいところ」「他のフレームワークのここがイケてないところ」「でも自分のフレームワーク以外のなにを褒めるか」という3点に絞ったパネルディスカッション。面白かったw。
やっぱこのセッションを感じたのは「Pythonの学習入門にはマイクロフレームワークである Flask」「業務でつかうフルスタックな便利フレームワークはやっぱり Django で決め打ち」「Pyramid はフックやカスタマイズが柔軟すぎて最高に使いこなせる人にはいい」という印象を受けた。

以上

参加したセッションの感想でした。来年は PyConJPどころか PyConAsia になるっぽいような話があるらしい。すごい。たのしみだね。運営スタッフになるのはダルいからいいけど、なにかスピーカーやLTできるレベルになれたらいいなぁ。

広告を非表示にする