読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

.vimrcらへんのメモ

これも職場と自宅鯖で環境が食い違うとだるいのでメモる。たまに追記するかも。
どこで環境を拾ってきたか忘れた部分が多々あります。ありがとうございます。ごめんなさい。

NeoBundleいれる

mkdir ~/.bundle
git clone git://github.com/Shougo/neobundle.vim.git ~/.bundle/neobundle.vim

.vimrc

set nocompatible
filetype off

if has('vim_starting')
  set runtimepath+=~/.bundle/neobundle.vim

  call neobundle#rc(expand('~/.bundle'))
endif

NeoBundle 'git://github.com/Shougo/neocomplcache.git'
NeoBundle 'git://github.com/Shougo/neocomplcache-snippets-complete.git'
NeoBundle 'git://github.com/Shougo/neobundle.vim.git'
NeoBundle 'git://github.com/Shougo/vimfiler.git'
NeoBundle 'git://github.com/Shougo/unite.vim.git'
NeoBundle 'git://github.com/mattn/zencoding-vim.git'
NeoBundle 'taglist.vim'
NeoBundle 'sudo.vim'
NeoBundle 'molokai'

syntax on
filetype plugin on
set encoding=utf-8
set t_Co=256
colorscheme molokai

"新しい行のインデントを現在行と同じにする
"set autoindent
"ファイル保存ダイアログの初期ディレクトリをバッファファイル位置に設定
set browsedir=buffer 
"クリップボードをWindowsと連携
set clipboard=unnamed
"Vi互換をオフ
set nocompatible
"スワップファイルをつくらない
set noswapfile
set nobackup
"タブの代わりに空白文字を挿入する
set expandtab
"変更中のファイルでも、保存しないで他のファイルを表示
set hidden
"インクリメンタルサーチを行う
set incsearch
"タブ文字、行末など不可視文字を表示する
set list
"listで表示される文字のフォーマットを指定する
set listchars=eol:$,tab:>\ ,extends:<
"行番号を表示する
set number
"閉じ括弧が入力されたとき、対応する括弧を表示する
set showmatch
"検索時に大文字を含んでいたら大/小を区別
set smartcase
"新しい行を作ったときに高度な自動インデントを行う
set smartindent
"行頭の余白内で Tab を打ち込むと、'shiftwidth' の数だけインデントする。
set smarttab
"カーソルを行頭、行末で止まらないようにする
set whichwrap=b,s,h,l,<,>,[,]
"検索をファイルの先頭へループしない
set nowrapscan
"検索のハイライト
set hlsearch
""ハイライトをEscで抜ける
nmap <Esc><Esc> :nohlsearch<CR><Esc>
"Zen Coding
let g:user_zen_expandabbr_key = '<c-e>'
"minibuffer
let g:miniBufExplMapWindowNavVim = 1
let g:miniBufExplMapWindowNavArrows = 1
let g:miniBufExplMapCTabSwitchBuffs = 1

" カッコなどを挿入したら自動的に中へ
inoremap {{ {}<LEFT>
"inoremap <LEFT>
inoremap (( ()<LEFT>
inoremap "" ""<LEFT>
inoremap '' ''<LEFT>
inoremap << <><LEFT>
inoremap {% {%<Space><Space>%}<LEFT><LEFT><LEFT>
inoremap [[ []<LEFT>
"Tabでウィンドウの移動
nnoremap <silent><Tab> <C-w>w
">や<で幅調節
nnoremap <silent>> <C-w>>
nnoremap <silent>< <C-w><
"FileType
"シフト移動幅
autocmd FileType * set shiftwidth=4
"ファイル内の <Tab> が対応する空白の数
autocmd FileType * set tabstop=4
autocmd FileType javascript set tabstop=2
autocmd FileType javascript set shiftwidth=2
autocmd FileType html set tabstop=2
autocmd FileType html set shiftwidth=2
autocmd FileType python set tabstop=4
autocmd FileType python set shiftwidth=4

"" unite.vim
" 入力モードで開始する
" let g:unite_enable_start_insert=1
" バッファ一覧
nnoremap <silent> fb :<C-u>Unite buffer<CR>
" ファイル一覧
nnoremap <silent> ff :<C-u>UniteWithBufferDir -buffer-name=files file<CR>
" レジスタ一覧
nnoremap <silent> fr :<C-u>Unite -buffer-name=register register<CR>
" 最近使用したファイル一覧
nnoremap <silent> fm :<C-u>Unite file_mru<CR>
" 常用セット
nnoremap <silent> fu :<C-u>Unite buffer file_mru<CR>
" 全部乗せ
nnoremap <silent> fa :<C-u>UniteWithBufferDir -buffer-name=files buffer file_mru bookmark file<CR>

""neocomplcaceh
let g:neocomplcache_enable_at_startup = 1
"ネオコンのスニペット展開
imap <C-k> <Plug>(neocomplcache_snippets_expand)
"let g:neocomplcache_dictionary_filetype_lists = {
"   \ 'default' : '',
"   \ 'javascript' : $HOME.'/.vim/javascript.dict',
"   \ 'html' : $HOME.'/.vim/javascript.dict',
"   \}
autocmd FileType html set dictionary=$HOME/.vim/javascript.dict,$HOME/.vim/jQuery.dict
autocmd FileType javascript set dictionary=$HOME/.vim/javascript.dict,$HOME/.vim/jQuery.dict
"vimfilerをデフォルトにする
let g:vimfiler_as_default_explorer = 1
"taglist Macの /usr/bin/ctags は消すこと
set tags=tags

.vim/plugin/

プラグインを使うときの注意点

  • 基本的にはダウンロードしたファイルを展開して /plugin/*.vim を~/.vim/plugin/ にいれてやればいい
  • doc,autoloadも必要な場合は適宜ディレクトリ構造そのままに展開してやる必要がある。
~.vimrc
~/.vim/doc/*
~/.vim/autoload/*
~/.vim/autoload/l9/*
~/.vim/autoload/fuf/*
~/.vim/plugin/*

よく使う操作

  • h,j,k,l #上下左右
    • w,b #単語単位で左右移動
    • $,^ #行末、行頭移動
    • C-f,b #上下ページ移動
    • gg,G #文頭、文末へ移動
  • a,A,i,I #文頭文末でインサート
    • o,O #上下にインサート
  • :new,:vnew #新しいペインの作成
    • :sp,vsp #こっちのほうがバッファを汚さないかも?
    • :close #ペインを閉じる
    • C-w h,j,k,l #ペイン間の移動
  • :ls #バッファの参照、:b[数字]で移動
    • :b[数字] #バッファを直接参照
    • :bufdo :hoge #バッファに対して作業
  • :E #エクスプローラー
  • v,V,Ctrl v #ヴィジュアルモード
  • m[str] '[str] #m[str]でマーク、'[str]でマークしたところに戻る

とりあえず

これだけ知ってればまあそれなりに動ける。もっとバキバキやりたいのでもっと追加したい。

広告を非表示にする