読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テストかくとき skip とdocstring メモ

ほえー

知らなかったのでまとめておく

テストを skip したいときは @skip デコレータが使える

参考::26.3. unittest — Unit testing framework — Python v3.4.0a1 documentation
実際は Django でやってるけど中身は似てるはず*1。まるまる引用すると

class MyTestCase(unittest.TestCase):

    @unittest.skip("demonstrating skipping")
    def test_nothing(self):
        self.fail("shouldn't happen")

    @unittest.skipIf(mylib.__version__ < (1, 3),
                     "not supported in this library version")
    def test_format(self):
        # Tests that work for only a certain version of the library.
        pass

    @unittest.skipUnless(sys.platform.startswith("win"), "requires Windows")
    def test_windows_support(self):
        # windows specific testing code
        pass

結果は

test_format (__main__.MyTestCase) ... skipped 'not supported in this library version'
test_nothing (__main__.MyTestCase) ... skipped 'demonstrating skipping'
test_windows_support (__main__.MyTestCase) ... skipped 'requires Windows'

----------------------------------------------------------------------
Ran 3 tests in 0.005s

OK (skipped=3)

コメントアウトして TODO かいて pass してたけど、このほうがわかりやすいですね。
@kk6 ++

テストで落ちた時のために docstring は1行目にサマリーをかく

class MyTestCase(unittest.TestCase):
    """Myについてのテスト"""

    def test_nothing(self):
        """正常系"""
        self.assertEqual(1,1)

    def test_nothing2(self):
        """正常系2
        複数行に渡る場合
        """
        self.assertEqual(1,1)

    def test_nothing3(self):
        """
        正常系3
        複数行に渡る場合
        """
        self.assertEqual(1,1)

1行で簡単に収まるときはいいけど、そうじゃない時も test_nothing2 みたいに1行目にかくことで落ちた時にエラーメッセージとして表示してくれるらしい。これからはそうしよう。
ただ、テストコードじゃないコード部分で複数行の docstring は改行して test_nothing3 みたいに改行するほうが好きかな

*1:from django.utils.unittest import skip があった

広告を非表示にする